ホーム   »  小説  »  『くらうん』

『くらうん』

『くらうん』

 実際に書きだしたのは5年前? だったでしょうか。
 硝子の月にも多分に影響を与えた、自分の原点にある作品です。本来なら小説の項目で一番に紹介したかったところなのですが、どうせなら色々と用意をしてから紹介しよう。と思っている内にこんなに間が空いてしまいました……。

 剣と魔法のある世界。山の上には、捻くれた魔法使いと、泣き虫な弟子が居りました。
 世界の命運を揺るがすような戦いもなければ、これといった事件もない。ただほのぼのとしたコメディ。
 本文は上記のリンクからどうぞ。


登場人物

師匠顔
・『師匠』

 この物語の主人公。22歳。178センチ。
 一応、優秀な魔術師だが、中身に難がある。小さな村の近くの山奥に勝手に山小屋を作り一人で生活している。
 子供っぽくて天の邪鬼。捻くれており、子供がそのまま大人になったような性格。
 何時も無愛想な顔をしているが、親しい間柄の相手の前では飄々とした性格を見せる。
 とある事件をきっかけに、孤児の少女を育てる事になり、慣れない共同生活に苦戦を強いられることとなる。
 割と面倒見がよく、身内に激甘。
 過保護。
 魔術の腕は確かだが、あまりそれを表で振るう事はない。





弟子顔

・『弟子』

 推定12歳。140センチ。
 紅い瞳と翡翠色の瞳を持つ、人と魔物の混血で、『混ざりモノ』と忌み嫌われる人種。
 故あって彼の住む小屋で共同生活をするようになった少女。彼に一人で生きていく術として魔術を教わることとなる。
 純真で泣き虫だが、変な所で頑固。時折誰にも予想出来ないような行動に出る事がある。
 当初こそ、無愛想な師匠に怯えていたが、自分を救ってくれた彼に対しては絶対的な信頼を寄せており、本人以上に『師匠』を信じている。
 出自から魔力は高いが、それを制御する術を知らない為、魔術は苦手。
 手先が不器用。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

森野いづみ

Author:森野いづみ
ノベルゲームを製作してたりするフリーライター。業務実績は下記にてのせています。
http://girlwhodreams.blog.fc2.com/blog-entry-176.html
お仕事等のお問い合わせ、ご連絡はこちらからどうぞ。
 morinoidumi@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR