ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  雑記  »  硝子の月FD(と、硝子の月)について今更色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子の月FD(と、硝子の月)について今更色々

そろそろ硝子の月FD出してから一年たつなーと思ったので色々と雑文。
諸々あるのですが、硝子の月という作品と硝子の月FDについてあれこれ。
あとがきでも結構描いてるんで何をいまさらという感じではあるのですが、少々お付き合いください。

そもそも事の発端、硝子の月という作品を作った際に、自分は、
「よっしゃ、せっかくだから大学生活の集大成を作ろう」と思い立って作り始めたわけです。
当時まだ20歳くらいなので、もう4年前の作品になっちゃうんですね……。

もともと、「腐り姫」「最果てのイマ」といった、少し難解でわかりにくい、
プレイヤー同士で考察を重ねて、ようやく内容を把握できるような作品が自分は好きで、
本作もそういった方向性で作っていきました。
それがいいことか悪いことかはともかく…まあともかく、「硝子の月」というのはそうした作品だったわけです。

で、自分の使える構成技巧を片っ端から組み込んでいった結果、「これ、私以外には理解できないんじゃ…」
というような作品が出来上がってしまいました。
「まあいい…もともと自分の中の何かを吐き出すためのものだ。人気なんてでなくても…」
…と思っていたのですが。これが思ったより一部の方々に好評であり。

いや、もちろん「わけわからん」って感想もいっぱいいただいたのですが、
その中でも、なにかしら刺さった人にとっては、心に残る作品になったようです。

そのことが一番うれしかったです。
あまり、よくないかもしれませんが、自分は万人にウケるより、一部の方々の心の深層に爪痕を残すような作品を描こう、と思っていたので。
ちょろっと有名なフリーゲームの感想サイト様でも、ご感想をいただいていたり。
久住女中本舗
レビューとか、書きにくい作品だと自分でも思うのに、ここまで書いていただけたのはすごくうれしかったです。
他にも、たくさん感想をいただいて、嬉しく思っていました。

……で、本来であればこの時点で硝子の月はしっかり完結…
というよりも、自分の中でやりきった感があったのですが……まあ、しばらく時間をおいていたら、むくむくと。

蛇足であるかもとは思いました。
硝子の月という作品は極端な話、「斜宮朔の物語」であって、例外はあってもあくまでも「彼の中のセカイの問題と解決」が中心にある物語でした。
そしてその物語はしっかりと硝子の月の中で完結していたのです。

けれど。
硝子の月の登場人物は、彼だけではない。
彼らはその物語の為に置かれた登場人物ではあるのですが、気づいたら自分の中で独立した「一人の誰か」
に変わっていたんですね。

斜宮朔の物語は終わっても、彼女たちの物語は、まだ終わってないんじゃないか。
そう思ったのが、話のきっかけ。

「敷野の内面の補完」
「敷野に姉がいる」
「アイリスと丙の関係」
「東の立ち位置」
などなど。結構、本編で補完しきれなかった部分も多かったですし、なによりも。
askで質問を受けたのですが、

丙さん、よく笑うようになりましたね

これが、FDの理由でもあります。
本編中だと、怒って、泣いて苦しんで。そんな顔ばかりしていた丙さん。
彼女をそのまま放置するのも、なんだかなぁ。というのと、

なにより硝子の月本編で、一番精神的に成長を遂げたキャラというと、やはり彼女だと思うので。
丙詩乃の「物語からの自立」をこそ、FDは根底のテーマにしていました。

…まあ全体的なノリはギャグですが。
その中にも、なにか一癖あるのが硝子の月。

結構ほら、自分がこういうノリを書くのは珍しいといえば珍しいので、新鮮でした。
楽しかったです。
でもやっぱりFDだし物足りないなぁという人は、もう少し待たれよ…待たれよ…

書きだしたはいいですけど、あんまり語ることもなかったですね。
(まあ大体askで質問を受けて解答してたりするんで)
何かご質問が有ればaskの方でどうぞー

あ、あと創作中の話。
決定から開発まで結構時間かかったんですが、実は初期の段階だと今よりもっと小さい作品だったんですよ、FD
あくまでサイドストーリーだけを読むゲームだったんですが…。
ただのサイドストーリーだけだと、ゲーム化する意味もない…なによりFDだし、楽しめる要素がほしい。
とか思い立って考え付いたのがマップ移動システム&日常の話

もともとは、サイドストーリーだけのつもりだったんですけど、気づいたらフラグ管理の面倒くさいものに……
後半はギギギ…と言いながらスクリプト組んでましたね…

それと物語自体は
「硝子の月本編の補完」
「硝子の月から、次へと続く物語への伏線」
「硝子の月と別の作品の世界観をつなぐミッシングリンク」
の三つが組み合わさっていたり。たり。
そのせいで、FDだけだとなんか消化不良感を残してしまったのは、申し訳ありませんでした。
課題ですなぁ…

硝子の月も構成的に面白くても演出的にどうなんだろうという部分は自分でも思っていたりなかったりなので。
もしリメイクするなら結構大がかりになりそうですね…(リメイクするとはいってない)
多分、月姫がリメイクされるくらいの期間開ければ、そんな時もくるんじゃないですかね(すっとぼけ)
非常にとりとめがなくなってきたのでこの辺りにしておきましょう。

ふと空を見上げて。
「ああ、自分が書きたかったものは、こうだったな」と思い出したので徒然書いてみました。
あの頃、今の自分をどう思っていたんだろうなあ……。
ともあれ、今後も色々情報出していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

…気づいたらめちゃくちゃ長い駄文に…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

森野いづみ

Author:森野いづみ
ノベルゲームを製作してたりするフリーライター。業務実績は下記にてのせています。
http://girlwhodreams.blog.fc2.com/blog-entry-176.html
お仕事等のお問い合わせ、ご連絡はこちらからどうぞ。
 morinoidumi@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。