ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  個人用メモ  »  メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ

作るかもしれない作品のプロットメモ用。ネタバレが多分に含まれるので見ない方が良いかも? でも予定がまったく立ってないので別に見ても良いかも。
■基本的な話の流れ


 □オーソドックスな選択肢ありADV。攻略出来るのは正ヒロイン、裏ヒロイン。その他サブヒロイン色々


 □ルート固定あり。攻略順は

  ・共通→正ヒロイン√BAD→(個別ルート開放)
  ・共通→正ヒロイン、裏ヒロインを除く各ヒロイン個別√(順不同・各EDとBADENDコンプで二章への道が開く)
  ・共通→正ヒロイン√その1(終了後、二章開始)
  ・完全ルート固定性。各ヒロイン√→裏ヒロイン√→正ヒロイン√(タイトル画面変化。Refrainのような。完全分離√)→オーラスED


□各ルートは独立しているがどのルートでも同日に必ず正ヒロインが死ぬ(死因は様々)。
その際正ヒロインを選ぶか攻略中のヒロインを選ぶかの選択肢が出現。

  ・サブヒロインを選ぶ→そのままEDへ。
  ・正ヒロインを選ぶ→BADへ。となる。


□周回要素有。基本的に攻略済みのヒロインの秘密を主人公は「知っている」状態からスタートする(共通ルートに追記が入る)


□一度攻略した(ED、BADEND共にコンプした)ヒロインのルートはオーラスクリアまで攻略不可になる。



■キャラ、世界設定その他

 □主人公
(基本)
  ・ぶっきらぼうなツッコミ型の(比較的)常識人。
  ・目立った個性はない。
  ・正ヒロインに対して過保護。
  ・過去のトラウマから脅迫的なお人よし。
(裏)
  ・別の可能性(並行?)世界の記憶を有した状態で物語を最初から進めることが出来る。特殊能力者。
  ・記憶が移行するだけであり、別世界の主人公と、今世界の主人公はあくまで別人。この辺は後述する。
  ・正ヒロインが死なない世界を求めて何度も繰り返す事になる。


 □正ヒロイン
(基本)
  ・主人公の幼馴染
  ・数年前の事故で左腕を無くしている。
  ・左目の色も変わって視力が低下している為普段は伸ばした前髪で隠している。
  ・大人しめの外見の割に性格は結構明るく茶目っけがある。が、友達はいない。
  ・割と、死にたがり。
(裏)
  ・主人公から長期間離れると死にやすくなる特殊体質。
  ・どの√でも某日に必ず死亡する。
  ・数年前の事故で本来は死んでいた筈の人物。世界の修正を受けてどの√でも死を逃れられない状態になっている。


 □主人公とヒロインの関係性
(基本)
  ・3年前の交通事故に二人まとめて巻き込まれており、その時に主人公が原因でヒロインは左腕を無くしている。
  ・上記の事に責任を感じている主人公は、ヒロインに対して病的に過保護になっている。
  ・ヒロインはヒロインでそんな主人公に申し訳なく思っているが、口には出さない。
  ・ヒロイン曰く、「○○は私の左腕」
  ・主人公曰く、「お互いにお互いを不幸にしているけれど、お互いに相手がいないと生きていけない関係性」
  ・「小指の赤い糸が無くした左腕に繋がっていて、それが二人の身体にわけが分からない状態でからまってる」とか。
(裏)
  ・3年前の事故の時点で本来は片方が死に片方が生存する筈だったが、主人公の性質が原因で「どちらの死も確定して
   ない曖昧な状態」で固定してしまっている。
  ・ただし、主人公が生存寄り(そもそも主人公が生きていないと状況自体が破たんする)なので、長期間離れるとヒロイン
   の死が確定してしまう。
  ・主人公がこの性質に目覚めたのもその事故の時点。事故の狭間、色々と認識が不確定な状態に陥った時に目覚めた
   というか、ある意味世界の真理に気付いたというか。

 □正ヒロインの左腕
  ・キーアイテム。一応紛失中ということになっている
  ・桐箱に入れられて主人公の部屋に隠されている。ミイラ化している。主人公とヒロインの縁の証。そして死の象徴。
  ・紛失すると主人公とヒロインの縁が切れてしまう為、ヒロインの死が確定してしまう。
  ・一方で、主人公以外の人間に観測されてもヒロインの死が確定する。


【レイル】
 □裏ヒロイン
(基本)
  ・彼女と出会った日から物語が始まる。
  ・白い髪に赤眼の少女。
  ・無口でクールだが割に毒舌。
  ・何処にでも現れて不意に消える類。
  ・彩ちゃんリスペクト
(裏)
  ・監視者。遍く世界の管理人。世界の外に至る者。
  ・主人公やヒロインの様な世界の特異点的な部位を消し去り、世界を安定させることを使命とする少女型の異端者。
  ・彼女が出現した事から正ヒロインの死亡が確定方向へと向かうことになる。
  ・性質上、どの世界、どの時間軸にも自由に出現できる。
  ・長い戦いの中で疲労しており、解放されたいと願っている。
  ・彩ちゃんリスペクト

【雨竜斑】

【竜胆藍湖】

【竜胆翡翠】

【宮坂伊夢】

【宮坂伊緒】

【親友キャラ】


 □主人公の性質

  ・一番分かりやすく言うと、「隣の並行世界を覗き見する事が出来る」能力。
   この場合並行世界の自分とこの世界に居る自分には連続性がない別人であり、また仮に並行世界の主人公が死んで
   しまった場合も隣の並行世界は消失することなく続いて行くので、これはループではない。
   正確には並行世界ではなく可能性なのだけど、分かりやすくこの例で。

  ・Hollow的ゲーム例。
   例えばマリオ。途中で死んでしまっても次のマリオが出現する。このマリオと前の死んだマリオは連続性のない別人
   だが、プレイヤー視点で見ると以前の死んだマリオの時の知識を有している。主人公は世界に居る自分の他に、プレイ
   ヤー視点を有している。という例。

  ・梨花ちゃま的例。
   幾つかの可能性を同時に観測し、その中で自分の望む可能性だけを確定させることが出来る能力。ただし可能性を変
   更するには自分が干渉しなければいけない為、主人公の干渉できる範囲外の可能性に触れることは不可能(バタフライ
   効果的に些細な干渉が大きな変化になることはある)。


  ・上記のどれか一つが正しいと言うわけでなく、まとめて考える。
   人間の主体(自我)は世界に内包されるモノではなく世界の外側にある。この【外にある自分】を自覚した状態。というの
   が一応の正式設定。でも凄く分かり辛い。


■あらすじ

 □流れについては上記の通り。ただし、

  ・個別√中は上記設定は考える必要あまりない。「何処か違和感のある日常学園物」というくらいで。
  ・全ルート終了後、裏ヒロイン√へ。ここから真相や設定について触れていく。
  ・分かりやすい例でいうとリトバス。refrainまでは世界の秘密等に触れる必要はない。
  ・基本どの√も「なかったこと」になる。ありえたかもしれない未来を潰して目的に向かうという意味ではSGの個別√に近い。


 □裏ヒロインルートというよりももほぼ正ヒロインルート。正ヒロインの死ぬ運命を変える為に色々と交渉するとかそういう。

  ・結果、色々あって(まだ決めてない)主人公が裏ヒロインの「監視者」としての立ち位置を引き継ぎ、裏ヒロイン死亡。主人
公は時間軸から外され、同時に事故も「なかったこと」に→正ヒロインルートへ


 □ほぼ共通→個別と同じくらいの容量で。主人公は正ヒロイン。事故が無いので左腕もあり左目も普通。性格も明るく友達も
  いる。

  ・主人公は「はじめからいなかったこと」になっている。正ヒロインも存在を忘れている。

  ・話の流れはほぼ共通と同様。各ルートで主人公がヒロインに行った事を正ヒロインがダイジェストで行っていく=各ヒロイ
   ンの悩みも解決されていく。

  ・正ヒロインの立ち振舞いが嘗ての主人公に似通ってるとか。そんなの。


 □最後に監視者化した主人公との別れがあってオーラスED
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

森野いづみ

Author:森野いづみ
ノベルゲームを製作してたりするフリーライター。業務実績は下記にてのせています。
http://girlwhodreams.blog.fc2.com/blog-entry-176.html
お仕事等のお問い合わせ、ご連絡はこちらからどうぞ。
 morinoidumi@gmail.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。